ロレックスの基礎知識

基礎知識いろいろ

ロレックスを選ぶために知っておきたいこと

GMTマスター1
オイスター
オイスターとは、牡蠣という意味ですが、ロレックスを語る場合のオイスターは、防水性の高い「オイスターケース」のことを意味します。

牡蠣の貝殻のように、頑丈で密封性が高いケースで、1926年に特許を取得、以来ロレックスの時計に一貫して採用されつづけている製造技術です。

パーペチュアル機構
腕時計の自動巻き上げ機構の名称です。

パーペチュアルとは「永久」という意味で、1931年に特許を取得しています。

自動巻き上げというのは、腕に時計をしていると勝手に巻き上げてくれるために「自動」という名称が付けられているんだそうです。

私はこれまでこの「自動巻き上げ式」というのがどういうものなのか分かっていませんでした。

機械式なのに、自分でゼンマイを巻かなくても半永久的に動き続けるってどういう仕組み?

と思っていました。

しかし、本当に何もしなくても自動で巻き上げるわけではないんですね。

腕につけていれば、腕の動きを利用して自動で巻き上げてくれるということで、使わない状態であればそのうち止まります。

ちなみに自動巻式腕時計は、目一杯巻き上げて持つのは30時間くらいだそうです。

つまり、2日間丸々身につけずに放置していれば時計は止まってしまいます。

ここが機械式の魅力でもあり煩わしさでもありますね。

デイトジャスト機構
ロレックスには小窓がついていて、この小窓は時刻ではなく日付を表しています。

その日付を毎日0時ちょうどに切り替える機構のことを言います。

赤サブ
ロレックスのコアなファンの間では有名なモデルみたいです。

人気モデルの「SUBMARINER」の文字が赤いことからこの名称が付けられました。

あんまり市場に出回っていないらしく、現在でも100万円前後のプレミア価格がついています。

クロノメーター
クロノメーターとは、ロレックスに限った用語ではありません。

ウィキペディアによると、主に次の4つの時計のことを表すようです。

・船の揺れや温度変化に影響されない、高精度な携帯用ぜんまい時計。

・デテント式脱進機を装備した時計。

・天文台で精度検定を受けた時計。

・クロノメーター検定協会による検定に合格した機械式時計。

つまり、物凄く精度の高い、精緻な時計のことを「クロノメーター」というんですね。

そのため用語の使い方としては、「ロレックスはクロノメーターの認定を受けている」といった使い方になります。